2019年8月2日、書店発売!

 

瑠美子、君がいたから――二人で歩んだ人生ノート

高井 保秀/著

本体1,500円+税
四六判並製
348ページ
ISBN 978-4-906740-38-3 C0095

最愛の人との出会いから看取りまでを綴った、亡き妻へのレクイエム

  • 肺腺がん(肺がんの一種)が脳へ転移し「がん性髄膜炎」となった妻。そこから始まった、緩和ケア病棟での233日間におよぶ孤独な闘い――。患者や患者の家族が知りたい、症例の少ない「がん性髄膜炎」の病状を克明に記録するとともに、最愛の人との出会いから看取りまでを綴った、亡き妻への鎮魂歌(レクイエム)。

あとがきより

がん性髄膜炎の診断を受けてからの生存期間は、中央値で三か月余と言われています。
妻の場合は入院二か月半が過ぎた時に、その診断から一年が経っていました。(中略)また、がん性髄膜炎の症状の進行をインターネットで調べましたが、情報が少なく詳しいことが分かりません。患者や患者の家族が知りたい、「病状はどのように進行していくのか」ということが分からず、手探り状態の看病が続きました。(中略)こうして、「妻のがん性髄膜炎の症状の進行を記録に残せば、誰かの役に立つのではないか」と考えるようになったことが、この本を執筆した動機です。

目次

序 章
 緩和ケア病棟での闘病──ハロウィンの飾りつけ
 吸引

第一章 出会い
 二人の出会い
   結婚
 札幌での新婚生活
 東京での新しい生活
 大阪での生活

第二章 ケ ン
 ロサンゼルスへの赴任
 ケンとの出会い
 瑠美子のロス生活
 日本への帰国
 日本での生活始まる
 手賀沼のケン

第三章 発 病
 レントゲン写真の影─2013年6月
   手術始まる─2014年2月
 がんと向き合う─2014年2月から2016年8月
   がん性髄膜炎の進行─2016年9月から12月
 髄液の検査入院─2016年12月から2017年3月
 自宅での看病(一)─2017年3月から5月
 自宅での看病(二)─2017年5月

第四章 闘 病
 五本松公園の散歩─2017年6月
   緩和ケア病棟への入院
 緩和ケア病棟での看病
 朋有り、遠方より来る
 瑠美子との会話
 新たな決意

第五章 病 室
 後ろ髪をひかれる思い
 入院費用の請求書
 入院百日目の病室で
 出勤の日の出来事
 柔軟体操の効果
 瑠美子の人柄
 二人だけのクリスマス─2017年12月

第六章 想 い
 入院して百八十日目─2018年1月中旬
 瑠美子への想いと瑠美子の想い
 入院二百日目にして思うこと─2018年2月
 早朝の緩和ケア病棟
 一般病棟への扉
 緩和ケア病棟からの退院

第七章 別 れ
 瑠美子からの感謝の会(一)─2018年6月
 瑠美子からの感謝の会(二)
 瑠美子からの感謝の会(三)
 北海道への旅
 グルッペの文集

終 章
   お墓参り

あとがき

著者プロフィール

高井保秀(たかい・やすひで)
1952年大阪府岸和田市生まれ。岸和田高校、北海道大学水産学部卒業。食品輸入商社で国内営業・人事畑を長く経験する。四十四歳の時に、米国ロサンゼルスにある食品スーパーマーケットの経営を四年余り担当。帰国後は外食事業部、総務人事部などを管掌したのち取締役に就任。妻のがん発病を機に六十一歳で取締役を退任し、闘病生活を二人で歩む。知人の要請で、医療機器の研究開発の会社に常勤監査役として招かれ、非常勤監査役として現在に至る。